2008年04月19日

文字のサイズとフォント

前にも書きましたが、私は用紙設定をB4で作成しています。
プリントはA4でしたいのですが、A4用紙設定で作成すると、1段に入る小節数が少なすぎるからです。
つまり、出来上がったら縮小してプリントするので、当然文字も小さくなります。できるだけ見やすい楽譜にしたいものですね。

用紙設定を大きくして、縮小プリントする場合は
縮小を念頭に入れて、文字設定を大きくしたり、またより美しくするために、フォントを選択しましょう。
下記のジオログで以前いただいたコメントを参考にしてみてください。

はじめは大雑把でも流れをつかむ必要がありますが、作成に慣れてきたら、美しく作れるように、文字サイズやフォントの選択をしてみましょう!
私もこれからチャレンジです☆

::::::::::::::::::::::::

☆以下ジオログからまるごと引用!どーもすみません!!!

::::::::::::::::::::::::

たとえば歌詞のフォントサイズを12ポイントに設定したら(私は日本語はMSPゴシック、英語はArialにしています)文字のほうは同じフォントの10ポイントにします。こうすると印刷時のサイズがほぼ揃うので。
そして歌詞をいれてから文字の設定をArial12ポイントに切り替えてコードネーム入力に移ります。ただしルート「A,B,C・・・」以外の「m、7、dim・・・」はいちいち10ポイントにします。


「#」や「♭」はKousaku (またはMaestro) の16ポイントで作成しておきいちいち貼り付けます。
(−7)(−5)等もArial10ポイントであとから張りつけます。
「D.S.」や「rit」「to Coda」等はCentury12ポイントにしてコードネームと見分けがつくようにしています。

投稿者 MATT さん : 2008年3月16日(日)

:::::::::::::::::::::::::

posted by ニャオミ at 08:40| Comment(2) | Finale NotePad | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昔のボロボロになった楽譜を自分のPCできれいに作成したいのですが、それようのソフトを探しております。
Posted by 小島勇男 at 2009年06月01日 11:18
小島勇男様

はじめまして。
お返事が大変遅くなりすみませんでした。
ここでご紹介している「フィナーレ・ノートパッド」は現在有料化されております。
譜面作成ソフトで良いのが見つかるといいですね。
Posted by NYA☆MI at 2009年10月04日 08:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。